【手書きの美学】過去は消せないが、後から生産することもできない

【手書きの美学】過去は消せないが、後から生産することもできない

「ムリに未来を見据えることないのかも」

そう思えたら、少しだけ歩幅をちいさくして歩けるようになった。

将来のことを考えて、先回りしてあれこれ考えていると、今を見失うことがよくある。

たとえば、データ化、ペーパーレス化の流れ。
そういえば、いつの間にか写真の現像も頻繁にしなくなった。

日記アプリが必須の今、一応わたしも使っているけれど、同時にアナログ手帳やノートも決して手放せないアイテムでもある。
「手書き」という動作、紙の上に書くあのシュルシュルとした感触で書く筆記感は、デジタルにはまだ追いつけない分野だと思っている。

 

自分の感情や、気持ちの記録をどう残そう?

あとで手帳やノートを見返したとき、どうしたら瞬時に「いまこの時」に戻ってこれるだろう?

そう思って、ipadに手書きで残すことも考えた。
ほぼ日手帳やモレスキンに書いたことを、すべて写真にとってEvernoteに残すこともやった。
手書きにはない、検索性の良さを求めて。

でも、なぜだろう?
しっくりこない。

 

そう。

見返すのがデジタルじゃダメなのだ。
自分で書いた文字、その紙面、折り目、汚れ、書き損じ。
それらを指先で感じられないと、意味がない。

意識は、記憶は、
そのときの空気をたっぷり含み、そのとき触れていた紙でないと、きちんとしたルートで戻っていけない。

 

手書きは好きだから、アナログ感はどうやったって自分からは抜けていかない。
だったら無理してデジタルに焦点をあわせなくてもいい。

デジタルやアナログだけじゃない。
父と母と過ごしたあの時代や、楽しくて仕方なかった学生時代を過去と諦めるのではなく、自分のなかにじっとりと消えないように、余韻を残すようにして生きていくのは、決して後ろ向きなことではないのだ。
(過去は、今から生産できないものだから)

過去(思い出)に温められながら、守りながら、今をみつめて生きればいい。

それが、自分をしなやかに保つための秘策になる。

 




スポンサードリンク