はるもわ

ゆらり たゆたう暮らし

NEW POSTS

【アウトプット】『星の王子さま』のある日常

年末年始はなにか1冊、本を読むことにしています。 それは新しく読む本だったり、読み返す本だったりいろいろです。 2019年の年末は、何度も読み返している『星の王子さま』にしました。 この本は、読むたびに私の中で「王子さま...

宮沢賢治の心象スケッチのように

宮沢賢治の作品で『春と修羅』というものがあります。 その「序」のなかに これらは二十二箇月の 過去とかんずる方角から 紙と鉱質インクをつらね (すべてわたくしと明滅し みんなが同時に感ずるもの) ここまでたもちつゞけられ...