はるもわ

ゆらり たゆたう暮らし

NEW POSTS

手帳とノートに安心と祈りを

作家は、 作品を書き続けながら、その文脈から自分の変化も把握できるといいます。 自分の過去の作品を客観的にみて、分析して、今と自分と過去の自分を比較する距離感を保っています。 そして、過去の自分の全力を、文脈を通して肯定...